スポーツコンサルタント/スポーツ起業家®️

宮城哲郎

 

今回は、あなたに「マーケティングが必要かどうか?」

それについたお話をしたいと思う。

 

マーケティングの重要性を説いている

僕が言うのもオカシイ話なのだが。

 

実際、本当にマーケティングが、

いらないステージの人達が存在するのだ。

 

マーケティングが必要ない人達

そのステージとは、起業したての人達。

 

もちろん、マーケティングが

意味が無いと言っているわけではない。

※ここ重要。

 

むしろ、マーケティングは本当にビジネスを成長させる上で、

絶対に必要不可欠なのだが。

 

それでも、起業したてで、

お客さんがゼロの状態であれば。

 

まずはとにかく、どんな物でも良いから、

実際に商品やサービスを「販売=セールス」してみることが先だ。

 

一度でも売れた物であれば、

その売れたと言う事実を基に。

 

ターゲットを決めて、レバレッジをかける為に

マーケティングを実践する必要があるのだが。

 

一度も商品やサービスを売った事もないのにも関わらず、

どんなにコピーを学んだって、どんなにマーケティングを学んだって

ほとんど意味は無い。

なぜなら、そのビジネスが、

今後上手くいく可能性があるかどうかさえわからないからだ。

 

だから、僕は起業前の人達には、

「とにかくなんでも良いから販売してみよう!」

 

そう伝えている。

 

だけど、実はそれが何気にハードルが高い為に、

それをきちんと実行する人は良いのだが…

 

そうではない人達は、

「もっと、他に方法はあるはずだ?」

そう感じて別のノウハウを求める。

※そして、ノウハウにお金だけをつかって起業独立を諦める…

 

でも、一度でも商品を売った事がないものを、

何か上手い方法で売ろうというマインドはオカシイ。

 

まずは、自分自身がセールスマンとなり、

商品やサービスを売込み。

 

お客さんからのフィードバックをもらうことが、

今後のマーケティング活動につながることを、

ぜひ、あなたも知ってて欲しい。

 

実際には今の僕だって、新規事業に関しては、

社長の僕が自ら先人をきっているわけだからね。

 

まずは、自分で売ってみよう!

逆を言えば、、、、

その最初の「販売」を突破する経験を一度でもすると、

その後は、かなり楽になるのは言うまでもない。

 

それが、下手な机上の空論の様なノウハウよりも、

確実にあなたに成果を出してくれるだろう。

 

あなた自身が先頭になって、

商品やサービスを市場に出してみる。

 

そして肌感覚でも良いので、

市場からの商品やサービスの反応を感じることこそが。

 

このステージのビジネスには不可欠な事なのである。

 

最初からノウハウには頼ってはいけないということだね。

 

もちろん、本気のあなたなら、

今回の僕の言葉の意味を理解してくれるとは思うけど?

 

それでは。。。