しも、あなたが…

160213-0003

そんな悩みがひとつでも当てはまるのなら。 ここは、あなたのためのページですあなたがこのサイトにたどり着いたのには、理由があるはずです。

上記の悩みを、どうにかしたい・・・。
そう真剣に考えているからこそ、今、このレターにたどり着いたのだと思います。
(そもそも危機感のない方が、このページを開くわけがありません)

でも、ご安心ください。 今日、ここであなたの悩みを解決する方法をお伝えします。その前に、まずはあなたにお伝えしないといけない事がありますので、このまま読み進めて下さい。

小さな会社の定義はいろいろあるかと思いますが、ここで言う小さな会社とは、社員が1人〜10名以下の組織の事を指します。

経営者の多くは「リスくを負ってでも成し遂げたいことがある」そんな想いを持って、ビジネスをされているわけですから、「使命感」をもって働いていますし、その人達と一緒になって働いている社員やスタッフも、あなたと同じ様に、使命感を持って毎日を過ごしている事でしょう。 

そんな使命感を持っている会社の経営者は、実にカッコいいものです。 また、そこで働くスタッフも、「なんのために働いているのか」が明確で、いきいきと仕事をしています。

こういった使命感を感じれる組織というのは、組織の向かうべき方向も統一しやすいものですし、確実に自分達の目的に近づいていることを感じれる事も多いでしょう。

会社や組織を通して・・・ 

・業界のこんなところを変えていきたい!
・こういったお客さんの悩みに応えたい! 
・社会に存在する、あの問題を解決したい! 
・この地域を、少しでも変えていきたい! 

このような会社の使命や、仕事をする本当の理由をはっきりさせ、それを世間に伝えていくということは、小さな会社が成長していく為には、欠かせないプロセスなのです。 

しかし、こういった会社では、スタッフ同士の意思疎通は図りすいのですが、実際には社長の力量に依存しがちというのも大きな特徴です。

社長一人が会社の方向性も決定し、重要な事案についても考え、顧客獲得の為のマーケティング活動も、営業活動も社長を中心に行なわれます。

業種によっては社長自ら現場の最前線にたつ事も多く、営業時間を過ぎたら、夜な夜なその日の売上のチェック、会計処理なども行なったりと、ほどんどの業務を社長自らが一人でこなすケースが多いのです。

 ですので、たとえ一つの目標に皆で向かおうとしていても、社長一人だけが悩み、迷い、何より疲労や心労が蓄積されているという状況が起こるので、結果的にそれは他のスタッフや社員にも波及し、組織全体の元気がなくなってしまうのです。

そうであっては、小さな会社の良いところが全く発揮されないどころか、様々な所でその弊害は起こります。 なぜならこれからの時代、市場のあらゆるニーズを満たす事こそが求められており、いわゆる誰にでも「好まれる商品を提供する大手企業」だけでは、市場のニーズを満たしきれず、小さな会社だけが持つ、その独創性やこだわりこそが市場のニーズを満たす原動力になるからです。

だからこそ、小さな会社が元気で、イキイキと活動をする事で、どんどん市場を活性化させていかなくてはならないのです。

誰にとっても仕事は人生で一番長く時間を投じるもの

使命感に燃えている経営者でもあるあなたは、すでにこの事に気がついている事でしょう。ですが、頭では分かってはいても、現状がそうはさせてくれません。

「自分らしく生きたい・・・」

そう思って始めたものの、いつしか毎日が苦痛になり、夜も眠れず、一人思い悩む日々が続く中で、仕事自体も楽しく無くなっているかもしれません。

仕事が楽しくないのなら、人生が楽しくないのと同じではありませんか?

株主などの資本家との関わりもない、我々小さな会社の経営者というのは、ビジネスは人生を良くする為のサプリメントの様なものではありません。なぜなら、自分の使命感や哲学に沿って、今のビジネスを立ち上げたはずだからです。


ですから、社長自身が仕事を楽しめる事こそが 小さな会社が元気になる唯一の方法なのです。そして…

このような生き方と働き方が一致した、笑顔で楽しく仕事をしている社長を
この日本に少しでも多く生み出していくことが、私たちのミッションだと考えています。

そのためには、社長が日々のビジネスを楽めるためのスキルが必要です。 ビジネスを楽しくするためには、自分自身で経営をコントロールし、思う様な成果や結果を出せる様にならないといけません。

そして、 そのやり方を学ぶだけで、社長の生き方と働き方のギャップの差が、少しづつ埋まってきます。

すると、経営が徐々に安定してきて、悪くなったときの対処法を自ら判断できるようになりますので、さらに業績をアップしていける。 こういった好循環が生まれてくるのです。

働く時間を減らしながら、家族との時間も大事にし、社員みんなが笑顔で働ける。
そんな理想の働き方と生き方を、小さな会社ならできるはずなのです。

時代が変われば、私たちのビジネスの考え方ややり方も変化してきます。 その度に、その状況や環境に応じた「戦い方」を、社長自らが判断しなくてはいけないのです。 

このページは、そんな小さな会社の社長が、自身の持つ使命感をたぎらせながら、周りの競合やライバルにも負けないでビジネスを成長させ続ける為の方法をお伝えするページなのです。

160213-0004

申し遅れました。

僕の名前は宮城哲郎。株式会社サンビリーフの社長をしていて、他にも業界を変えた会社を、いくつか経営しています。もちろん、すべてが小さな会社です。

僕が初めて興したビジネスは、地域の小さなスポーツクラブでした。


「自分の好きなことで生計を立てたい!」 「大好きなスポーツという分野で、成功したい!」
そういう強い思いから、人脈ゼロ、資金ゼロ、知識ゼロからスタートし、試行錯誤をしながら8年続けた結果。小規模クラブながら、今では3000万円以上の自主財源を確保することができました。

他にも、コンサルタントの育成、Web制作業、広告代理業、商品販売プロモーション業といった、ビジネス上の問題や悩みを解決素ビジネスをはじめ、コワーキングンスペースの運営、コーヒー農園の運営、イベント企画、メディアプロモーションなど、たくさんのビジネスを興しています。

業績の拡大もさる事ながら、それ以上に自分のライフスタイルも充実させたいというのが主眼にありますので、現在は売上のコントロールをしている所ですが、それでもお金に困る事はなくなりました。

さらに、自身で作り上げてきた、効果実証済みの経営哲学を元に、600名以上の経営者や個人事業主へのアドバイスを繰り返す中で、他業種とも共通するあるパターンが見え始たことにより。

《小さな会社の戦い方》を発見することができたのです。

それを、同じ「小さな会社の社長」に対し、同じようなコンセプトで戦うことをアドバイスしていくと。同じように経営が安定し、右肩上がりの売り上げが出るようになったのです。

それから、この株式会社サンビリーフを設立し、多くの小さな会社の社長へアドバイスをして、多くの会社の役員として活動できるまでになりました。ですので、きっとあなたの業種でも、共通する戦い方だと思います。

160213-0005

きっとあなたも、以前の僕と同じように、日々の業務に追われているでしょう。 毎日、現場の最前線で、汗水たらして必死に働いている。もちろん、お客さまに役に立ちたいという気持ちも、熱い情熱も持っているはずです。

しかし、そんな事とは裏腹に、会社の売り上げは頭打ち。自分自身の将来の収入に対する不安も常に頭をよぎっている事でしょう。

働いても働いても、次から次へと仕事が社長へ回ってきます。何か業務をスタッフや社員に任せた物の、結局は上手くいかず(下手したら失敗に終わり)、自分がやる羽目になった業務も多いはずです。

さらに、文明の発達スピードは急速で、インターネットが登場してからというもの、時代の変化についていけなくなっていて、競合やライバルもどんどん増え、さらには大手の参入にも怯える日々。

もしかしたら、自分だけ取り残されているんじゃないだろうか?
そんな思いが常にある事でしょう…

そして、きっとあなたはこんな事ですでに悩んでいるかも知れません。

・万が一、あなたが事故にあったり、病気で倒れたりしたら?
・今の収入が、いつか途絶えてしまうのでは?
・この先ずっと大切な家族を守っていけるのか?
・老後の生活はいったいどうなるのか?

 

だけど、そんな不安を解決するのに「一体、何をどうしたら良いか?」そんな事は誰も教えてはくれませんし、相談すらできないのが現実です。そしてきっと社長であなたは、ずっと、この孤独と戦ってきたはずです。

しかし一方で、まわりを見渡せば。世の中には、売り上げを順調に伸ばし、大きな会社を作った人たちもたくさんいます。大きな会社の社長は、ビジネスをうまく仕組み化し、経済という大きな自由を手に入れました。

彼らは単なるサラリーマンや個人事業主で一生を終えるのではなく、巨大な売り上げと利益を手に入れたのです。

 

では、成功した社長は、あなた以上に何倍も努力して働いたのでしょうか?
成功した社長は、元々お金持ちだったのでしょうか?
成功した社長は、他の人よりもただ単にラッキーだったのでしょうか?

 

いいえ、そうではありません。

ビジネスから自由になった彼らは、あなたが知らない「ビジネスの秘密」を知っていたのです。

160213-0006

よく考えてみてください。

今「大企業」と言われている会社は、最初から大きな会社だったのでしょうか?違いますよね。最初から大きな会社というのは存在しないのです。

では、なぜうまくいく会社と、そうでない会社があるのでしょうか?

それは、規模に応じた戦い方を知っているかどうか。なのです。

【大きな会社=うまくいっている会社】というイメージを持つ人は多いかもしれません。しかし、だからといって「うまくいっている会社の真似をしよう!」というのは物凄く危険な発想であり、大きな間違いです。

インターネットで広告を出してみたり、社員さえ増えれば「会社の売上げが上がる」と勘違いしていたりなど、いらないところにコストを無駄にかけていたりして、結局は成果が上がらないばかりか、下手したら損失を出している事だってあるのです。

先ほども話した通り、小さな会社には、小さな会社の戦い方があるのです。しかも、それは大きな会社が真似できないような仕組みになっているのです。まずは、この真実を知らなくてはいけないのです

それは「大きな会社の死角を狙った戦略」です。

大きな会社がやりたくてもできないこと。実はこのことを知っている中小企業はあまりいません。
しかし、小さな会社から大きな会社に育て上げた社長だけが、その事実を知っています。

なぜなら、自分たちが壁にぶち当たった時に、戦い方を変えなくてはいけないんだ!ということに気がついたからです。

なので、大企業の社長は、この秘密を知られたくないのです。なぜなら、自分たちの弱みの部分をついてくるとお客を取られるので、小さな会社でも怖いのです。

18039201_m

像してみてください・・・。

あなたはおとぎ話の中に出てくる、一寸法師です。大きな鬼が来ても、立ち向かう術があるのです。小さくても、大きなものに決して屈しない、踏み潰されないという強さを持つ存在。

あなたも、小さな会社の社長だけができる、戦い方を知りたくありませんか?

例えば、ホームページ1つとっても、小さな会社のホームページの作り方や、その運営方法は全く違うのです。

チラシ等の広告物の作成方法も、時代に合わせたSNSの使い方も、営業方法の仕方も、商品やサービスに対するメッセージの作り方、外注先の選びから、なんと求人に対する考え方やその募集の仕方まで、全てが全く違うのです。

その為に、私はこのサイトを通して、使命感に燃え、自身の理想のライフスタイルを求め、家族や仲間を笑顔にしたいと考える、あなたに対して役立つ情報をお届けします。

このサイトでは、小さな会社の戦い方を熟知した様々な専門家達により、多くの知識やノウハウ、そして情報をお届けしたいと思います。

ぜひ、1日、5分で良いので私達が提供する情報をインストールしてください。それにより、あなたはきっと…

160213-0001

いかがですか?

もしもあなたが、小さな会社の社長で、社員を数十人も抱えていて、自由な時間もなく、最前線で働き続けているのなら。

小さな会社の戦い方を知るだけで、改善することができるのです。

これが、あなたの仕事の効率化をあげ、売り上げを上げる軸になることは、間違いないでしょう。

なぜなら、この方法は、私が実際に経験し、今のあなたと同じ状況で悩み、打開できた大きな一歩になったからです。今でも、この方法は僕の経営や、アドバイスをする際の軸になっているのです。

もちろん、ご自身で壁にぶち当たって、自分で乗り越えることも大事です。でも、そうしている間に、家族や社員が苦労し、不安な思いをしている姿を、あなたはこれから先何年も我慢できますか?だったら、まずは試しに学んでみて、乗り越えるための行動をいち早く取り組んだ方が手っ取り早いと思いませんか?

同じ小さな会社の社長だったからこそ、自信を持って言えます。


競合や、大きな会社に影響されないために。
これから訪れる時代の変化がくる前に。
会社の仲間や、家族のために。

社長である、あなたが。

今こそ、小さな会社の戦い方について
学んでいきませんか?

私たちは全力で、小さな会社を応援します。

人生と、仕事をイコールに。