スポーツコンサルタント/スポーツ起業家®️

宮城哲郎

 

さて、タイトルでもありましたが、この96%という数字。

いったい何を表していると思いますか?

少し、考えてみてください。

・・・。

・・・。

・・・。

考えましたか?

実はこれ・・・ 起業して10年以内に潰れる会社を示した数字です。

さらに、5年以内に廃業する会社は、85%という数字がでていますし、 1年以内に廃業する会社は、なんと60%です。

起業して、およそ半数以上の会社が、1年と持たないで会社が潰れてしまうということになります。

実はこの廃業に追い込まれる会社の共通の勘違いがあります。

・専門スキルや良い商品があればお客さんが来るという勘違い
・たくさんの人脈を持っているから大丈夫という勘違い
・店舗の立地が良いからお客さんが集まるという勘違い

これらの要素だけでは、お客さんが集まることは、まずありません。

しかし、この3つのいずれかに自信があれば、簡単に起業なんて出来るのです。

簡単に考えて起業したら、簡単に潰れます。

なので、成功するたった4%の会社が徹底して行っているのはいったい何なのか?ということに注目しなければいけません。

それは【集客のスキル】です。 お客さんがいなくては、商売は成り立ちません。

逆に、お客さんさえいれば、ビジネスは成功します。

あなたが本当に注目しなくてはいけないのは スキルや商品、人脈、立地・・・そんなものではなく。

目の前にお客さんをどう連れてくるか? そして、そのお客さんとどう長く付き合っていけるか?

このスキルを身につけない限りは、10年も続く4%の会社には、なれないのです。

もしも、あなたがいい商品やサービスがあればお客さんは集まる!と思っているのなら。

ダイレクトレスポンスマーケティングの基礎から学ぶことをおすすめします。

 

PS スポーツビジネスにダイレクトレスポンスマーケティングを導入したいのなら、このメルマガを購読されてみてはいかがでしょうか??

↓ ↓

今すぐ無料メルマガを購読する。