スポーツと付けるだけで売上アップ!!簡単事業拡大術!

スポーツコンサルタント

ミヤギタスク

 

あなたは現在どんな事業を行なっていますか?

 

IT、美容師、飲食店、看板屋さん、電気屋さん、・・・

 

様々な仕事がありますが、そのあなたのお仕事の前に、

「スポーツ」もしくは「サッカー」などの単語をつけて見てください。

 

スポーツIT、スポーツ美容師、スポーツ飲食店、スポーツ看板屋、スポーツ電気屋、と言う感じです。

 

私が、実際にJリーグのクラブで

お仕事をさせて頂いた時に多く感じたのですが、

 

仕事は全く一緒なのに、スポーツと聞くだけで

物怖じする業者が多いと言うことです。

 

もちろんスポーツ種目それぞれにレギュレーションなどはありますが、

決してそんな難しいことはありません。

 

 

サッカーの試合を行う場合、ピッチの周りに看板が必要ですし、

選手はこまめに美容室で髪を切ります。

 

スポーツに特化した健康管理のできる飲食店はほとんど見当たらない。

 

と言った具合です。

 

 

経営者の皆さんは、仕事を受けてから完了するまでの、

フローを考えると思いますが、

 

看板作るのも、髪を切るのも、料理を作るのも、

流れは通常の業務と変わりませんよね??

 

 

しかし現在のネット社会だと、

あっ!スタジアムの看板作らなきゃ!

 

 

となった場合に。。。

 

「検索:スタジアム 看板 格安」

 

 

この様に検索する人がいるのです。

 

 

ちなみに今検索して見たところ、

普通の看板屋が出てきました。

 

 

つまり、この相手がアクションを起こす時のステップに、

あるネットの中で、「スポーツ〇〇」と言う専門家になっていればいいのです。

 

担当を決めて、サッカーが好きな社員に、

お前は世界のスタジアムのおもしろ看板について毎日ブログを書け!

 

と言って見たりすると、

その看板スペースでの効果について詳しくなったり、

 

世界中のどの企業が多く看板を出しているか?

どの業種が多いのか?なぜその業種が多いのか?

 

など看板本来の目的をつかむことで、

スポーツクラブから教えてください!とオファーが届くかもしれません!

 

 

その他にも、お前サッカー好きなら、有料チャンネルのお金は会社が負担するから、世界中のサッカー選手の髪型を覚えろ!

そして、誰々選手がいつ髪を染めた・切ったをブログに書け!

 

なんてさせていると、好きな選手が髪の色を変えたと言うのが、

購買のきっかけになるだろうし、選手の様に頻繁に髪を切る様になるかもしれません!

 

 

パーマの待ち時間にサッカーの試合を流すなど、

相手を飽きさせない努力も必要でしょう。

 

 

なんとなく家の近くにあるから選ばれていた時代が、

もう間も無く終わろうとしています。

 

もちろん通常の基礎となる業務をしっかり行いながら、

新たな事業拡大という位置付けで、なんらお金もかからない、

ブログをかくという専門性を身につけて売上をあげて見てください。

 

 

広く万人ウケする商売は、今後、大企業以外は、

益々厳しい時代になると思います。

 

今回は、コンサルでも必要な「ターゲッティング」の、

お話をさせて頂きました。

 

 

あなたの会社のスキルは、スポーツ業界は必要としています。あなたのスキルで、スポーツ業界に殴り込みしませんか??

 

宮城亮

おすすめの記事