コンサルタントは本来必要ない!

スポーツコンサルタント/スポーツ起業家®️

宮城哲郎

 

先日、本社のサイトのブログで、起業についての話を記事にしました。

(記事:退社を決意させた一言

 

後ほど、記事の方も読んで欲しいのだが、この記事で書いた事とは。

「自分自身が5年、10年と取り組む価値のある働き方を選んでいるのか?」

そんなことを説いた記事になっている。

 

さて、これはコンサルタントとしての働き方も同様です。

 

なぜなら、コンサルタントという職業は本来、いなくても良い存在だと僕は思うからです。

 

コンサルタントがいなくても良い理由

例えば、コンサルタントやコーチング業というような、先生業と似た様な職業に「医者」という存在がいるのだが。

 

もしも世の中が、「医者を必要としない様な世の中」だったら。

どれだけ良いでしょうか?

 

もちろん、実際にはそんな世の中なんてのは存在しませんし、まだまだ医者いらずの時代は先の話かも知れません。

 

でも、そういう時代というのがもし訪れたとしたら…。

 

僕等の日々の生活において「健康」という部分での問題や悩みは無くなります。それって素晴らしい事だと思わないでしょうか?

 

でも、この事はコンサルタントのような問題解決業も同じだと思います。

 

コンサルタントという定義は、ビジネスに限らず、その人が持つ様々なリソースを持って、相手の問題を解決してあげる人の事を意味しますが。

 

そう考えた場合、僕等が活躍する場面と言うのは、誰かの身に「何か問題や悩みが起きた場合」であるわけですから、そうなると…。

 

「コンサルタントのような存在が必要ない時代」

この状態が本来は望ましいと思うのは僕だけでしょうか?

 

そんな理由から、本来、僕等の様な職業は無くても良いと考えているわけなのです。

 

問題解決ではなく未然に防ぐ方法を!

そうしたことを「理想」として掲げるようになると、コンサルタントいう存在は、何か問題が起こってから解決してあげる様な手法ではなく。

 

問題を予測し「それを未然に防ぐ」ような方法を、提供してあげる事こそ重要だと思います。

 

ですが、それでも人は様々な理由で、問題や悩みを引き起こしてしまうものです。

 

その理由とは、

  • 問題を後回しにする事だったり…
  • 問題を放置する事だったり…
  • 問題に気がつけない事だったり…

など様々なのですが。

 

そういう側面を考えると結果的に、僕らの様な問題解決業というのはまだまだ必要になる事になり、今後、複雑な社会環境において、これまでには無かった様な問題も増えていく事になるので。

 

様々な問題に対応するコンサルタントの存在が、今後も重宝されるとも思っている次第です。

 

要は、今の時代はとても多様化しているので、その時々に対応する専門家が必要になるのですね。

 

あなたの持つ知識やスキルが誰かの問題を解決する

だからこそ、僕は多くの人達に、自分のこれまでの人生の中で得た知識やスキルを、自分以外の他の人の為にも発揮して欲しいと推奨しています。

 

なぜなら、その方がより多くの人達が幸せになるからです。

 

[st-cmemo fontawesome="fa-lightbulb-o" iconcolor="#FFA726" bgcolor="#FFF3E0" color="#000000" iconsize=""][/st-cmemo]

そういう人それぞれが持っている価値のシェア。

 

これこそが今後、求められる生き方であり、そういう互いの価値を交換しあって生きていく事は、一人でそれら全てを牛耳るよりもかなり幸せな人生だと僕は思います。

 

だから、あなたも自分の持つ知識やスキルを、どんどん周りの人達に共有してあげてください。

 

そういう活動を続ける事で、多くの繫がりや感謝、そういったものが溢れて来ますし、きっと、そうした人生を過ごす事は、物凄く充実した人生にもなると思うからです。

 

一緒に頑張りましょう。

 

宮城哲郎

 

追伸

もしも、コンサルタントが必要ない時代になれば、

僕はきっと、田舎ぐらしでもすると思います。

それはそれで、一興ではないでしょうか?

おすすめの記事