From:宮城哲郎

コンサルタントとして起業したての場合、まず僕がオススメしていることは、「とにかく人と会うこと」だ。

何も、経営者や社長、代表者、店長などに限らず、とにかく人に会うことで、コンサルタントとしての活動を周囲に周知させることが大切。

なぜならば、周囲はまだあなたのことを「コンサルタント」と認識していない。認識していなければ、例え相手が悩んでいたとしても、あなたがそれを解決する人だとは全く知らないわけだ。

あなた自身が起業して「今日からコンサルタントだ!」と思うのは自由なのだが、周囲はどんなにあなたがコンサルタントとして起業していようと、聞くまではわからないもの。

だとしたら、起業当初は、とにかく人に会って、「こんな仕事をしているんです」ということを発信することが大切なのだ。

経営者は忙しい

しかし、いざ異業種交流会や、企業主催のイベントなどに参加しても、なかなかじっくりと会話できる時間はない。

せいぜい、名刺交換をして、出身地やどんな仕事をしているかを、話半分で聞いている。(誤解のないように言うが僕のことでないからね。笑)

なぜなら、そこに参加している経営者も、あなたと同じで何か人脈を作りたくて参加しているし、ビジネスのプラスになる出会いを求めているからだ。

それほど、多くの人と会うため、自分にメリットがなさそうな人には、興味を示さないのが正直な所。

1分でできるセールストーク

では、このまま興味がある人に声をかけられるのを待つだけかというと、そんなもったいないことをしてはいけない。

そこで、あなたに今回お伝えしたいのは、「エレベータートーク」だ。

エレベータートークとは、エレベーターに乗っている時間内に、(例えば1階のロビーから、30階までの登る間の時間)あなたがどんな仕事をしていて、それでいて相手にどんなメリットが与えられる人物なのかを、簡潔に伝えるための方法。

時間のない経営者や社長に、できる限り簡潔にあなたの仕事内容を説明することは、異業種交流会だけでなく、ウェブサイトやブログ、SNSでも十分に活用できるスキルとなるので、ぜひ、あなたもこの機会にエレベータートークを作成してみてはどうだろうか。

エレベータートークの作り方

では、実際にどのようにしてエレベータートークを作っていけばいいのか。まずは、エレベータートークの参考例を見てもらいたい。

はじめまして。スポーツコンサルタントの宮城哲郎と申します。日本で唯一スポーツビジネスに特化したコンサルタントであり、これまでに600社以上の会社にアドバイスをしてきました。現在は、スポーツコンサルタントを育成する為の「スポーツコンサルタント協会」も立ち上げ、よりスポーツビジネスが日本でも普及できるよう活動しております。

これまで依頼があったのは、地域のフィットネスクラブが多く、会員制度を見直しただけで年間1億円の売上アップに貢献したり、クラブ会員のフォローアップシステムを構築したことで、退会率は前年度の3分の1にまで下げた経験もあります。また、スポーツクラブの社員向けのマーケティング研修では、社員様にお客様目線で対応するためのスポーツマーケティング研修も行っており、大手のスポーツクラブにも何度か訪問させて頂いております。

スポーツビジネスは、他のビジネスとは少し異なる為、スポーツビジネスにおいての経営やマーケティングに置いては、日本で最も実績を残しているのではないかと思います。

もし、御社がスポーツに特化したコンサルタントを試してみたいと思うのなら、ぜひ一度御社へお伺いし、社員研修を無料で行います。実際にこれまで社員研修を受けたスポーツクラブからは、9割以上、接客の効果や、入会率のアップを実感したと話してくれています。たった一度の講習をすることで社員の意識が変わります。一度受講していただくだけで、御社の質の向上につながることだと思います。もしよろしければ、●日までに、こちらまでお電話下さい。すぐに対応させていただきます。

 

これが、エレベータートーク。およそ1分間のあいだで、最低限伝えたいことを簡潔に伝えている。

もしも相手がスポーツクラブの経営者であれば、無料の社内研修だけならいいかな?と検討するだろう。そこで、あなたの強みを活かすことができるし、たった1分間でセールスを完結することができる。

実はこうしたエレベータートークは、あなたにも簡単に作ることができる。具体的に、エレベータートークの構成をみてみよう。

エレベータートークの基本構成

エレベータートークの基本構成は、以下の3つの構成でできている。

  1. 自己紹介(肩書きや経歴)
  2. ベネフィット
  3. クロージング

では、上記3つの構成について、詳しく説明していく。

自己紹介(肩書きや経歴)

これは言うまでもないかもしれないが、あなたが何者なのかを相手に伝える部分だ。どんな仕事をやっていて、それがどれだけ凄いものなのか、信頼できるものなのか。肩書きや実績、これまでの経験を話すことが必要となる。

ベネフィット

この部分では、あなたと一緒に仕事をすることで(商品を購入することで)どんな結果を手に入れることができるのかを、簡潔に伝える必要がある。この3つの要素のうち、最も重要なのが「ベネフィット」だ。あなたが1分間話すことで、相手を惹きつけられるのは、このベネフィットだけ。なぜなら、相手にとって関係のあることだから。自分の身にどんな良い変化が起こるのかを認識して貰えば、あとは申し込むだけになる。

クロージング

最後は具体的に相手にとって欲しい行動を伝える。ベネフィットの段階で、あなたのサービスに興味を持ったら、具体的にどういったアクションを取れば良いのか。簡単であれば簡単なほうが良い。改まって、申し込みフォームから問い合わせるとか、資料をダウンロードするとか、まどろっこしいことはやめよう。シンプルなコンタクトを掲示すれば、相手は行動しやすくなる。

追加で盛り込みたい要素

以上の3つが最低限エレベータートークで伝えて欲しい構成要素だが、より相手に伝わりやすくするために、追加で盛り込みたい要素がある。

それは、、、

  • 独自性
  • 興味的要素
  • 理由

この3つだ。

独自性とは、あなたにしか話せない独自の要素。例えばただのコンサルタントだと話を聞く気にはなれないが、スポーツコンサルタントということで、あなただけしか話をしない要素が出来上がる。このような独自性を伝えると、相手は飽きずにあなたの話を聞いてくれる。

興味的要素というのは、例えば時事問題を交えて話をしたり、今で言えばW杯の話を交えて例え話をするなど、相手が興味を持ちそうな話題を盛り込むと、相手はよりあなたに惹きつけられる。

理由というのは、独自性や興味的要素を裏付けるもの。聞き手は、それって本当なの?と疑っているため、その正当な理由、納得してもらえるような理由を付け加えるだけで、あなたの話に信憑生が増す。

このような要素を交えると、さらに効果の高いエレベータートークが出来上がる。ぜひ順番よくあなただけのエレベータートークを書いてみて欲しい。

 

作成したらどんどん話そう

いかがだっただろうか。エレベータートークが、異業種交流会だけでなく、あなたのビジネスの様々なシーンに活用できるのが想像できたのではないだろうか。

あなたがエレベータートークを作成したら、ぜひ周りの人に話していくといい。まずは身内からでもいいし、スタッフに対して話してもいい。すると、どんどんエレベータートークが簡潔になり、相手にも伝わりやすくなってくる。

あなた自身が、自分のビジネスを客観視する意味でも、このエレベータートークは非常に意味を持つ。ぜひこの機会に作成してみて欲しい。

 

それでは。