集客するWebサイトに必須なプラグイン「All in One SEO Pack」とは?

株式会社サンビリーフ認定マーケティングコンサルタント
山城憲大(ヤマシロ ノリヒロ)です。

 

今の時代、集客するツールとしてWebサイトは必須なものになっています。

 

実際、私の周りの会社や個人事業主の方でも、Webサイトを持っていない人はほとんどいません。

 

そんな中、Webサイトをワードプレスで運営する人が多いんです。

 

オーストラリアの調査会社Q-Success社が運営するWeb技術の統計データを提供するW3Techsによると、日本におけるWebサイトにおいてなんと、「81.7%」がワードプレスであるとされています。(2017年2月現在)

 

ということで今回はWebサイトを運営する上で、お客さんに見てもらうには大切な役割となるSEOを「適切に! 簡単に!」設定できるプラグインを紹介します!

 

Webサイトをワードプレスを導入して運営している経営者や、Webサイト担当者に知って得する記事になっていますので、ぜひ最後まで読んでください。

 

1、「All in One SEO Pack」というプラグインについて

もしも、あなたが運営するWebサイトがワードプレスで制作しているなら、SEO対策にはかなり有効なプラグインを教えます。

 

ちなみにワードプレスにはプラグインという便利な拡張機能があります。

 

拡張機能とは簡単にいうと、ワードプレスを使えば・・・

 

ワードプレス専用の色々なソフトを(プラグインといいます)付け加えることができるよ?という意味です。笑

 

スマホで便利なアプリを取る事で、スマホに色々な機能を搭載する事と同じようなものです。
※ざっくり言うとですよ?

 

そして今回は、そのプラグインの中でも、SEO対策において初心者から上級者まで利用している「All in One SEO Pack」という便利なプラグインがありますので、今回はそのプラグインの使い方を教えます。

 

※プラグインのインストール方法は以下の記事を参考にしてください。

↓ ↓
「知らないと損する!ワードプレスプラグインのインストールの方法と有効化の方法」

 

1-1、そもそも「All in One SEO Pack」って何ができるの?

「All in One SEO Pack」はSEO対策の設定を管理できるプラグインです。

 

このプラグインを導入するだけで、そのサイトのSEO対策が実現できるという代物になっています。詳しくご説明しましょう。

 

1-2、設定方法

今回は細かい説明は抜きに、SEO対策初心者がやるべき設定方法を具体的に教えます。

まずは、「All in One SEO Pack」設定画面の開き方です。

 

ワードプレスの管理画面で左メニューから「All in One SEO」>「一般設定」をクリックします。すると設定画面になります。

 

そこで下記の項目の設定を行います。

・一般設定
・ページ設定
・タイトル設定
・カスタム投稿タイプ
・表示設定
・ウェブマスター認証
・Google設定
・Noindex設定

以上です。

では、これら一つひとつの設定を見てみます。

<一般設定>


このように以下の4つにチェックを入れてください。
・カノニカルURL
・カスタム Canonical URL を有効化
・元のタイトルを利用(利用停止)
・Schema.orgマークアップを使用

 

ここでポイントになるのは、「カノニカルURL(英語:Canonical URL)」です。

 

これにチェックを入れることで、重複するコンテンツのペナルティを防ぐことができます。Googleなどの検索エンジンの特徴として、、

重複するコンテンツがあれば「これはWebサイトの価値を上げるために、コンテンツの水増しをしているな!」

といって、検索結果を下げるというペナルティを与える可能性があります。

 

それを防ぐためにも、カノニカルURLにチェックすることはお忘れなく!

 

<ホームページ設定>

以下の3つの設定をします。
・ホームタイトル(サイトのタイトルを設定)
・ホームディスクリプション(サイト情報を要約して設定)
・代わりに固定フロントページを利用する(利用停止にチェック)

 

<タイトル設定>


以下の1つの設定をします。
・タイトルを書き換える(利用停止にチェック)

 

<カスタム投稿タイプ>


以下の3つの設定をします。
・カスタム投稿用のSEO(有効にチェック)
・これらの投稿タイプのみSEO対応(投稿、固定ページにチェック)
・詳細設定を有効化(利用停止にチェック)

<表示設定>


以下の1つの設定をします。
・カスタム投稿タイプの列ラベルを表示(投稿、固定ページにチェック)

<ウェブマスター認証>

ここは特に設定する必要はありません。

<Google設定>


以下の2つの設定をします。
・GoogleアナリティクスID(設定する)
※GoogleアナリティクスIDについては「analytics.google.com」というサイトでIDを取得する必要があります。

そして、、、


・トラッキングからユーザーを除外(すべてにチェック)
※GoogleアナリティクスIDを設定すると「トラッキングからユーザーを除外」の項目が表示されます。

<Noindex設定>


以下の4つにチェックを入れる。
・カテゴリーをnoindexにする
・日付別(投稿者)アーカイブをnoindexにする
・投稿者アーカイブにnoindexを適用
・タグをnoindexにする

<詳細設定>


以下の1つにチェックを入れ、あとはデフォルトでOKです。
・ディスクリプションを自動生成

<キーワード設定>


以下の1つを設定します。
・キーワードを使用(利用停止にチェック)

 

最後に「設定更新」ボタンをクリックして完了です。

 

以上が「All in One SEO Pack」の設定です。

 

「All in One SEO Pack」の設定画面では、項目がたくさんあるように見えますが、上記のように設定すれば、2017年2月現在は大丈夫です。

2、まとめ

今日のまとめです。

 

今回は「集客するWebサイトに必須なプラグインとは?」ということについて、お話しました。

 

今回話した内容で、この先ずっとSEO対策は安心かというと安心ではありません。

 

なぜならSEO対策は、検索エンジンのアルゴリズムのアップデートによって変わってくるからです。

 

現在は検索結果で上位表示されていたとしても、今後表示結果が変わってくることも十分あり得ます。

 

なので定期的にSEOについて調べて、設定もそれに合わせ調整するのがベストだと言えます。

 

手間はかかりますが、広告メディアを制すれば、必ずあなたのビジネスにプラスになるはずです!

 

今回の記事を参考にして、あなたもWebサイトの運営に役立ててください。

おすすめの記事