簡単にサイトマップを作る「PS Auto Sitemap」とは?

株式会社サンビリーフ認定マーケティングコンサルタントの山城憲大(ヤマシロ ノリヒロ)です。

 

ワードプレスでのサイト制作をし続けていますが、やはり大切なことは「お客様にみてもらうWebサイトにすること」です。

 

そういうようなWebサイトにするにはSEO(検索エンジン最適化)対策をやらなければいけません。

 

あなたが「日々ブログを更新したり」や「サイトのコピーを更新したり」などの作業は、そのSEO対策の一つになります。

 

SEO対策とは、あなたのWebサイトをGoogleなどで上位に表示されるようにするための対策のことです。

 

そのSEO対策には、大きく分けて2つの種類があります。「内部SEO」と「外部SEO」です。内部SEOとは、上記に挙げたようにブログを更新したりするように内部、つまりWebサイト所有者ができる対策です。

 

外部SEOとは、あなたが運営しているWebサイト以外のWebサイトから、あなたのWebサイトにリンク(被リンクやバックリンクなどとも言う)を集めることをです。

 

しかしこれはその他のサイトが行うことなので、あなた自身が操作できません。

 

できることは1つです。あなたのWebサイトを被リンクをしたいなと思われるようなWebサイトにすることです。そのためにはWebサイトの質を高めるために内部SEO対策が必要になります。

 

ということで、今回はその内部SEO対策の一つでもある「サイトマップ」が作れる便利な「PS Auto Sitemap」プラグインを紹介します!

 

今回の記事も、Webサイトをワードプレスを導入して運営している経営者やWebサイト担当者に知って得する記事になっています。

 

ワードプレスを利用している皆さん、ぜひ最後まで読んでください。

1、サイトマップの役割とは

サイトマップとはWebサイトにある投稿ページや固定ページを見やすくまとめた一覧ページのことで、本でいうところの「目次」のような役割を果たします。

※下記は私のWebサイトにあるサイトマップです。


Webサイトを閲覧しにきたユーザーにとっては、サイトマップページがあることで、ユーザーが興味のあるコンテンツに迷うことなくアクセスできるので、とても使い勝手が良くなるといえます。

 

またSEO的には、多くのページをリンクで繋ぐことが効果的な対策になると考えられます。

 

ということで、サイトマップはユーザーの観点からも、SEOの観点からも設置することが望ましいことがわかると思います。

 

では、サイトマップをどのようにして設置するのかを見ていきましょう。

2、サイトマップを簡単に設置する「PS Auto Sitemap」というプラグイン

ところでWebサイトにプラグイン無しでサイトマップを作る場合(※今回の場合はWebサイトとはワードプレスで作ったものを想定しています)、意外とハードルが高いんです。

 

その作り方というのは、phpファイルやcssファイルなどを修正や追加するということをしなければいけません。でもプログラムの知識がないとそれは結構難しいでしょう。

 

しかも無理にそんなファイルを触れば、Webサイト自体の表示が崩れたり、不具合が起こる可能性もあります。

 

そんな時に便利なのがサイトマップを簡単に設置できる「PS Auto Sitemap」プラグインというわけです。

では、具体的に設定方法を教えます。

3、設定方法

プラグインのインストール方法を以下をチェックしてください。
https://spobizconsul.com/1200-2/

設定手順は以下のようにするのがいいでしょう。

手順1)サイトマップページ(固定ページ)を用意する
手順2)「PS Auto Sitemap」を設定する

以上です。

では上記の手順に従って説明していきます。

1-1、サイトマップページの作り方

ワードプレス管理画面の左側のメニューから「固定ページ」>「新規追加」をクリックし、以下の2つの設定をします。

 

1)タイトルに「サイトマップ」と入力する(※これは任意なので名前はなんでもいいんですが、意味が通じるものがいいので「サイトマップ」が適切だと思います)

2)本文に下記のコードをコピペする(※本文のタブは「テキスト」モードする)


●コード「<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->」
※このコードは「PS Auto Sitemap」に用意されているコードで意味は考えずに本文にコピペしましょう。
その後、画面右側の「公開」ボタンをクリックしましょう。

 

その時に下図の「post=数字」部分にある数字(ID)をメモやコピーで取っておいてください。※図では「32」になっています。

1-2、PS Auto Sitemapを設定について

「PS Auto Sitemap」プラグインをインストールすると、ワードプレスの管理画面の左メニュー「設定」>「PS Auto Sitemap」が表示されますので、それをクリックしてください。

設定画面は以下のようなものです。

では、以下より設定の一つひとつの説明をしていきます。

<設定1:ホームページ出力>
ホームページのサイトタイトルが表示されます。サイトマップには必要ないので、チェックをはずします。

<設定2:投稿リストの出力>
投稿ページ一覧の表示・非表示設定です。これは必要なので、チェックします。

<設定3:固定ページリストの出力>
固定ページの表示・批評の設定です。これも必要なので、チェックします。

<設定4:サイトマップの表示する記事>
ここには、上記の「サイトマップページの作り方」でサイトマップ用の固定ページを作った時に、メモしておいた数字(ID)を入力します。

※図では「32」になっていますが、それぞれで違いますので、各自で確認してください。

<設定5:出力階層制限>
「制限なし」から「10階層」まで設定できます。これは特に制限を設けなくてもいいので、デフォルトの「制限なし」のままでOKです。

<設定6:先に出力するリスト>
読んで字のごとくです。投稿記事を先に表示するか、固定ページを先に表示するかの違いです。特に気にしないなら、デフォルトのままでOKです。

もちろん固定ページが先の場合は、固定ページにチェックしましょう。

<設定7:カテゴリーと投稿の表示>
「同一マップ内」というのは、各カテゴリーと各投稿を表示します。「投稿を分割」はカテゴリーのみの表示になります。投稿数が少ない場合は前者、多い場合は後者がいいでしょう。

<設定8:除外カテゴリ>
もし表示したくないカテゴリーがある場合は、ここにそのカテゴリーのIDを入力します。
※カテゴリーIDの確認方法は以下です。
1)管理画面左のメニューから「投稿」>「カテゴリー」>「※表示させたくないカテゴリー」をクリックすると、アドレスバーのURLに下記のようなURLが表示されます。

【URL】
http://ドメイン名/wp-admin/term.php?taxonomy=category&tag_ID=5&post_type=post・・・
↑このURLの数字の部分(※上記では「5」)。これがカテゴリーIDです。

<設定9:除外記事>
この設定はカテゴリーの記事バージョンです。設定方法は上記の「除外カテゴリ」と同じです。テスト投稿など表示させたくない投稿記事がある場合には設定しましょう。

<設定10:スタイルの変更>
サイトマップの表示デザインです。この設定はたくさん用意されていますので、皆さんで使いながら良いものを自分で選択してください。

ちなみにシンプルデザインのオススメは「シンプル」、「ビジネス」がいいです。デザイン性でオススメは「索引」、「矢印」がいいです。

<設定11:キャッシュの使用>
キャッシュにチェックを入れると、表示高速化につながるのでSEO的にもいいです。しかしもしキャッシュ系プラグインを使用しているのであれば競合して不具合のもとになるのでチェックを外した方がいいです。
以上、すべての設定が完了したら「変更を保存」ボタンをクリックしましょう。

意外とこのボタンクリックの工程は忘れがちになるので気を付けてください。もしこの工程を忘れると、もう一度最初から設定しなおさなければいけません。

 

その後はサイトマップのページをブラウザでチェックし、固定ページを先に表示したり、デザインを調整したり、などの調整を行ってください。

 

以上が「PS Auto Sitemap」の設定です。

2、まとめ

今日のまとめです。

 

今回は「誰でも10分でSEO対策になるサイトマップを作る方法教えます。」というテーマで、「PS Auto Sitemap」プラグインのことについてお話しました。

 

今回話した内容は、内部SEO対策の一つであり、お客様にみられるWebサイトにするためには、その対策は重要なことです。

作業工程は、プラグインをインストールして、数個の設定なので、かなり簡単です。これだけでSEO対策になるなら、利用する手はありませんよね!

 

今回の記事を参考にして、あなたもWebサイトの運営に役立ててください。

 

では、また次回にあいましょう。

おすすめの記事