ワードプレスで関連記事を表示する為の方法とは?

株式会社サンビリーフ認定マーケティングコンサルタントの山城憲大(ヤマシロ ノリヒロ)です。

 

このマーケティングレシピの私の記事で、ここ数回、SEO対策に関係することを書いてきました。

 

今回もそのSEO対策の一環である「関連記事を表示する」ということについてお伝えします。
以前の記事でも話したように、SEO対策には大まかに以下の2種類あります。

・内部対策
・外部対策

以上の2つです。その中でも今回は内部対策の一つにスポットを当てます。

 

ところで内部対策とは、Webサイトを運営しているあなた自身が行える対策のことで、
具体的な対策としては以下のものがあります。

・キーワード(ターゲットにニーズとなるワード)選定
・ページタイトルにキーワードを使用
・サイトマップ(xml版、html版)を作る
・パンくずリストを設定する
・ブログの更新頻度をあげる
・文章内のキーワード
・読み手にとって良質なコンテンツを作る
・内部リンク

などなどです。
※もちろんその他にも内部対策はたくさんありますが割愛します。
※外部リンクについても同じく割愛します。

 

「関連記事を表示する」ということは、上記の「内部リンク」という対策に当たります。

 

検索エンジン(Google)は、「サイト内でリンクが集まるページ」を重要なページと認識し、検索結果の評価を高め、上位に表示すると言われています。

 

そういう観点から考えると、各ページに関連記事を表示し、リンクを設定しておくことがSEO的に見ても良い結果となります。

 

それでは「関連記事を表示する」方法を教えます。
SEO対策をバッチリ行い、あなたのWebサイトをお客様にみられるものにしていきましょう。

 

ちなみに今回の記事は、Webサイトをワードプレスで運営している方に有効な方法を教える記事となっていますので、もしWebサイトがワードプレスではない方は、読み進めてもあまり価値はないと思います。
ただ今まで述べたように「関連記事を表示する」ということは、Webサイトには有効的なSEO対策の一つですので、ぜひ実践してください。
ということで、Webサイトをワードプレスで運営している方は、ぜひ最後まで読んでください。

【目次】
1、「関連記事を表示する」方法は2通りある
2、「wordpress related posts」の使い方
3、まとめ

 

1、「関連記事を表示する」方法は2通りある

「関連記事を表示する」方法としては、以下の2つがあります。

1)phpファイルやcssファイルを変更する方法
2)プラグインを利用する方法

1)の方法については、PHP言語やCSSを理解していなければいけないです。もしその知識がなければオススメできません。

 

なぜなら少しでもプログラムにミスコードがあった場合には、画面が真っ白になり動かい場合もあるからです。

 

ですので、今回は2)の方法である、プラグインを利用する方法を紹介します。ちなみに「関連記事を表示する」プラグインで有名どころを紹介すると以下のものがあります。(2017年3月現在)

・wordpress related posts
・Yet Another Related Posts Plugin (YARPP)
・similar posts

などがあります。※もちろん他にもあります。

今回はその中でもオススメなのが、デザインパターンが8つもある「wordpress related posts」というプラグインを紹介します。

 

2、「wordpress related posts」のインストールと使い方

それでは関連記事を表示するプラグイン「wordpress related posts」のインストールと使い方を教えます。

【インストール手順について】
1、あなたWebサイトのダッシュボード(ワードプレスの管理画面)にアクセスする。2、左メニューより、「プラグイン」>「新規追加」をクリックします。

 

3、プラグイン検索欄に「wordpress related posts」と入力します。

4、「今すぐインストール」ボタンをクリックし、その後「有効化」ボタンをクリックします。

 

以上でインストールは終了です。

【使い方について】

1、下の図のように設定画面に行きます。

 

2、Basic settingsの設定


2-1)Related Posts Titleの設定
関連記事のタイトルのことです。

例えば、「この記事の関連記事はこちら」や「この記事もよく読まれています」などです。

2-2)Number of Postsの設定
表示させる関連記事の数です。

他の類似プラグインでは表示させる数が決まっていますが、このプラグインでは、好きな個数表示できます。

3、Advanced settingsの設定

 

3-1)Enable Themesの設定
これは関連記事のテーマを有効化するかどうかの設定です。チェックすると有効。チェックを外すと無効。

 

3-2)Layoutの設定
これはラジオボタンを選択しながら、好きなレイアウトを選んでください。

 

4、Customizeの設定


4-1)Display Thumbnails For Related Postsの設定
関連記事のサムネイルの表示、非表示の設定です。

 

4-2)Display Number of Commentsの設定
コメント数の表示、非表示の設定です。

 

4-3)Display Publish Dateの設定
記事の投稿日時の表示、非表示の設定です。

 

4-4)Display Post Excerpt(Maximum Number of Characters)の設定
記事本文の表示、非表示の設定です。入力値を入れて指定します。※日本語は「2」で一文字となる計算です。

 

4-5)Display Post Categoriesの設定
その記事のカテゴリーの表示、非表示の設定です。

 

4-6)Enable custom CSSの設定
表示される関連記事のデザインをカスタマイズするCSSを設定する項目です。CSSが分かる方は利用してみましょう。逆に分からない方は使用しないでください。

 

4-7)Default thumbnailsの設定
サムネイルのデフォルト画像を指定する設定です。

 

4-8)Use custom field for thumbnailsの設定
カスタムフィールドに登録した画像をサムネイル画像に利用するかの設定です。

 

5、Other Settingsの設定

5-1)Exclude these Categoriesの設定
関連記事に除外するカテゴリーが選択できます。

6、最後に「Save changes」ボタンをクリックします。

このボタンをクリックしないと、これまでの設定が保存されないので、注意してください。
以上が「使い方について」です。

 

3、まとめ

今回は、「wordpress related posts」の方法を紹介しました。

「関連記事の表示」は、SEO対策でもプラグインを入れるだけで、すぐに設定できるものなので、ぜひ実践してもらいたいです。

今回の記事を参考にして、あなたもWebサイトを改善することに役立ててください。
では、また次回にあいましょう。

 

おすすめの記事