移動販売員の経験談
49494327 - scene frying the fried chicken

セールスコピーライター/スポーツセールスライター

宮城奈津子

 

先日、友人の知り合いの経営者を紹介してもらった時の話です。

 

別に仕事とは関係なかったので、普通にコーヒーを飲みながら雑談していたのですが。

 

この方は、今の会社を経営する前に

『からあげの移動販売員』を行っていたそうです。

 

 

でも、利益率が低く・・・。

からあげ4つ入りを1個100円で販売し

1日に50個しか売れない。

 

となると、たったの5000円しか儲けないわけです。

 

しかもそこから鶏肉代やら油代、調理代、

ガソリン代 人件費などを賄わないといけないんです。

 

これで、スタートして半年でヤバくなったとか。笑

最初から予想できなかったのかな?と思ったんですが。

最初はね。なんでもうまくいく気がするんですよね。

実際に私もそうでしたから、、、

 

で、この方は壁にぶつかって もうダメだ〜!!!と思った時に突然

アイディアがうかんだとのこと。

 

それは、からあげの移動販売時に

「矢沢永吉の曲を流した」のだとか。笑

 

おいおい、こんだけでからあげが売れるかよ・・と 思った人はいないでしょう。笑

 

そう、予想通りめちゃくちゃ大繁盛!!

(※きっと今では著作権やらあるのでしょうが。)

 

中には、永ちゃんの曲を聴いて、

「お兄ちゃん、本当ありがよと・・」

そう涙を流しながらからあげを買っていく人もいたんだとか。

 

その話を聴いて、 思いついたことをとにかくやり続けることの 大切さを知りました。笑

 

だって、まさか永ちゃんだけでバカ売れするとは 思いませんでしょう?

これも、ひとつのアイディアなんです。

 

たったひとつのアイディアが、この会社を救ったんです。

なので、もしもあなたが 今なんだかうまくいっていないと感じるのなら

「こんなのやったらどうだろう?」

「こういったことをすると喜ぶんじゃない?」 などと、

フラットな気持ちで 遊び心を交えてみるのもいいかもしれませんよ??

 

※ちなみに、このかた、今ではからあげの移動販売と

クレープの移動販売でがっぽりだそうです。笑

 

それでは、今回はこのへんで!

おすすめの記事